プロフィール

通りすがり(キグチ)

Author:通りすがり(キグチ)

とりあえず絵をまとめてる場所

基本的に好きなことしかやりません

色々適当です。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

意見・要望・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

counter

  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ガンナーのメイキングしてみた
一度やってみたかったんだけど説明ってむずいね…

以下非常に重い画像が多いので注意 

ちなみに絵描いてる環境:
・ペンタブ→WACOMのFAVO
(INTUOSの前のモデルです…6年くらい使ってるかな。今はINTUOSしかないと数日前に知ってびっくりした。
ペンをすべりにくくするためコピー紙敷いて使ってます)
・SAI(使い始めたのが今年の五月くらいからなんでまだよくわかってませんが)
・Photoshop CS(今回は省略)


とりあえず明日からまたらくがき更新に戻れ…ればいいね。
(下のらくがき更新の記事がだいぶ重くなってきたので新しく記事作ります)
クリスマスと正月あるからどうするか考えてますがまあ死なない程度に

making01.gif

①とりあえず下絵用意
すごく汚いけど今の段階では描いてて楽しいかどうかが重要
完成させたいと思うなら汚くていいからスキャン。
(下絵に力入れすぎてペン入れした線の方が納得いかないとやってて嫌になるので(特に顔とか)
下絵は「そこそこ」の完成度で止めます )
ちなみにこれはメモ帳の裏紙の落書きなんでかなり小さい


making02.jpg

②スキャンしたものをSAIで開いて不透明度下げる
見やすくしてからデッサンおかしいとこ修正
(ピンクの線を新しいレイヤー作って乗算)
(場合によってはこの作業はいらない)


making03.gif

(以下でかいのでサムネ)
③黒い線の不透明度を戻してピンクの線に沿って選択ツール・移動ツールと鉛筆消しゴムで修正
(場合によってはこの作業はいらない)

making04.jpg

④下絵の不透明度を4~10%くらいに下げる。(あんま濃いままだと最後に消したときの印象がかなり変わるので。ペン入れできたとこから下絵はどんどん消してきます)
ペンツールっていうレイヤー(青い字のやつ)でペン入れ。
通常のレイヤーと違ってペンが一種類しかないけど
線をいじることができます。クリックするだけで太さとか色が変えられる。
一番役に立つ機能が「制御点」っていうツールで
これを選択すると黄緑の点が出てきます(赤字部分)

この点を引っ張ると線が引っ張られて好きなところに線が移動できる(曲げられる)ので
ガタガタした線をきれいにしたりとか。説明が下手だな…
私はこの作業で全体の七~八割くらいの時間使ってます。毎回発狂しそうです。

making05.jpg

⑤これは髪の制御点を表示してるもの。
見ればわかるけど曲線をキレイにするためとにかく制御点の数がすごいことになるので
間違えて隣の関係ない点引っ張っちゃったりする。なのでパーツごとにペン入れレイヤーは分けてます。
だいたい肌から描いていって最後に飾りとか。この絵だと下にあるレイヤーほど先に描いたもの。

線が多い髪とかはまず輪郭描いてから新しくペン入れレイヤーをいっこ上に作り、
そこで形を整えた線を描いては下のレイヤーに転写してってます。
修正液(ピンク字)というのがあるけどこれはまあ単なる名前の違う消しゴム。
制御点がひとつの線の中にありすぎて大変なときはこれで線を一部消しちゃったりする。

まつげだけはバッサバサなんで普通のレイヤーで鉛筆ツール使って描いてます。
(あと帽子・ブーツの縫い目も普通の鉛筆ツールです)

making06.jpg

⑥ペン入れレイヤーを統合
自動選択ツール(水色のやつ。線が閉じてるとこを選択してくれる)使って
肌とか髪とか選んではレイヤー作ってバケツで色を流しこんでいきます。
ここでは塗る色はテキトーでいいです。あとで直すので。
(この時に背景に色を置いておくと塗り残しに気付きやすい。
個人的に黄緑とかオススメ。隙間から目立つ。)

髪の毛の先みたいな鋭角に直線が交わるところははだいたい塗りきれてないので自分で鉛筆ツール使って塗ります。
位置的に下にあるものほどレイヤーの位置的に下にあるといいかと。
(下から順に肌→髪→服→飾り みたいな構成。)

making07.jpg

⑦まず黒ベタ置いとく。日向さん意識。
んで公式から色を拾ってきてバケツツールで全体の色を直します。
その後、それぞれの色レイヤーの上にレイヤーを作って全部「クリッピング」ってとこにチェック入れます。

これはクリッピングしたレイヤーの下のレイヤーの不透明部分(塗られてる部分)と同じ場所だけに
色がつく、とかいう…要するに髪レイヤーのクリッピングなら髪の黄色がある範囲にだけ色が塗れます。
これを使って影を置いてきます。自分はアニメ塗りしちゃうんで
鉛筆はブラシ濃度100で。
少し優しい印象にしたい場合はエアブラシでもいいです。筆は濃淡出るからナシ。


ここまででSAIは終わり。
データをPSD(フォトショ用)で保存します。
(PSDにするとペンツールの制御点の機能が消えるので最後に)
以下のフォトショ作業は色とサイズいじるだけだからいらないかな?…とにかくここ数日これ作るのでヒーヒー言ってた。
下絵とか本気で汚くて出すか悩んだけどまあ、成長記録として…

ほぼ自己満足なんですが何かの役に立てば幸いです。
【2008/12/19 00:46】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<やる気はないけどある | HOME | Мушкетера>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sqrakugaki.blog36.fc2.com/tb.php/30-86d620ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。